乳輪の脱毛をする際に気をつけることについて

乳輪脱毛で気をつけることまとめ

乳輪脱毛で気をつけること

 

乳輪脱毛で気をつけることは、デリケートな箇所なので、脱毛は慎重に行わなければならないということです。

 

乳輪のムダ毛は、間違った方法で脱毛していると黒ずみや炎症などの肌トラブルに見舞われる可能性があります。

 

乳輪のムダ毛処理方法として最も行われているのがカミソリでの除毛ですが、乳輪はデリケートな部分なのでオススメできません。

 

カミソリを使用していると黒ずみの原因にもなります。

 

乳輪にカミソリを使用するときは、ピンポイントで剃ることを心がけ、シェービングクリームやジェルを使うことです。

 

毛抜きでの処理もオススメできませな。

 

毛抜きはカミソリよりキレイに脱毛できますが、抜いた毛穴から雑菌が入り込んで炎症を引き起こす危険性があります。

 

乳輪の皮膚は非常にデリケートなので、皮膚にダメージを与えてしまいます。

 

毛穴から入り込んで炎症を引き起こすリスクが高いです。

 

脱毛クリームでの処理なら、ムダ毛がキレイに取れますが、
毛を溶かす成分が含まれているので、肌へ与えるダメージは大きくなります。

 

乳輪脱毛はレーザー脱毛がおすすめで、強い光を照射できるので脱毛効果はかなり高いです。